お金に関する気になるあれこれを書くサイト

銀行カードローンの借入限度額と年収との関係

銀行の審査は厳しいので、比較的審査の緩い消費者金融で借入を行おうと考える方もいます。
しかし、金利で比較すると圧倒的に銀行カードローンの方が低い。
塵も積もればではないですが、多くのお金を借りる場合ですと、少しでも金利の低い方が返済が楽なのは間違いありません。
 
では、銀行カードローンでは一体どれくらいのお金を借りることが出来るのでしょうか。
まず、消費者金融の場合ですが、これには総量規制というものが付きまとってきます。
これは、年収の3分の1を超えてお金を貸してはいけませんというものです。
 
しかし、これは貸金業法という法律に定められているもので、消費者金融やクレジット会社、信販会社が該当します。
一方銀行は銀行法に基づいていますので、全く別物です。
ですから、総量規制は気にする必要はありません。
 
このことから、消費者金融で年収の3分の1まで借り入れて、それ以上借りることが出来なくなれば銀行に申し込めばよいということが言われています。
 
確かに、理論上はそうですが、実際はそれほど甘くありません。
最初に述べたように銀行の審査は厳しいです。
既に消費者金融で多額のお金を借りた人にさらに貸し付けるということはしません。
 
貸し出しの限度額というのは法律で決められていないので、各銀行の対応によって限度額は異なりますが、概ね3割程度、余程条件のよい場合でも4割までです。
 
ですから、貸し出し限度額が500万円とか、最大800万円までお貸しします、などと宣伝広告を行っている銀行もありますが、誰にでも貸し出すということではなく、それ相応の収入がなければならないということです。